多汗症の悩みは手術によって解消できる

気になって外にも出られなくなる多汗症は手術によって解消することが可能です。体温を適切に保つために欠かせないのが汗ですが、人によっては服がビショビショになったり、紙を持つと汗の湿気で破れてしまうほど大量に発汗してしまう場合があります。

多汗症とは、精神的なストレスなどが原因で、汗をかきすぎてしまうことです。どうして多汗症になるかは人によって違いますが、他の疾患が要因となって引き起こされるものや、不規則な生活習慣、メンタルストレスなどで交感神経が働き過ぎるなどの可能性があります。

多汗症になる仕組みはまだ明らかになっていないことも多いので、要因を取り除きたいと思っても思うようにいかないこともあります。気になる多汗症の症状を抑えるために、多汗症の手術を受けるという方もいます。手術と聞くと大げさに感じてしまいますが、他の対処法と比べ完治が可能であるというメリットがあります。

気になる手術の内容は、大量に発汗させる交感神経を切除して、発汗を止めてしまうという方法です。両手のひらの多汗症の手術をする場合、所要時間は合計で10分程度で済みますので、あまり時間をかけずに処置してもらえます。手術痕が多少残ったとしても、皮膚のしわの多い部分にまぎれてしまうので、身体への負荷はごくわずかです。

手のひらの汗腺を手術で除去した場合、手からの大量発汗がなくなる代わりに、冬は手が乾きやすくなることもあります。仮に、多汗症の治療を希望するならば、手術を受けるか、他の治療法を選ぶかも含めて、よく検討した上で今後の治療方針を決めましょう。

脇毛を抜くと脇汗が増える可能性があります

コメントを残す