おなか周りのダイエットには腹斜筋を鍛える腹筋運動がおすすめ

ダイエットをして体重を落としても、なかなかおなか周りの脂肪が落ちないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。特に年を重ねると若い頃と比べて、おなか周りに脂肪がつきやすくなりますし、落ちにくくなってきます。いつの間にかついてしまったおなかの脂肪を取り除くには、果たして、どんなダイエットが役立つでしょう。

おなかまわりだけ別枠で、筋肉を鍛えるなどしてウエスト回りの脂肪を燃やす方法がおすすめです。腹筋などの筋トレで運動量を増やそうとする人は大勢いますが、特におなかをスリムにしたいという人は、腹筋だけでなく、腹斜筋の腹筋エクササイズが適しています。腹筋と同様の運動をしつつ、体を起こす時にはできるだけ斜めの姿勢になるように心がけます。

通常の腹筋のやり方と同じように、膝を立てて上体を倒した状態にしたら、まずは右肘を左膝につけるイメージで体を起こしましょう。上体を倒したら次は、左肘を右膝につけるイメージで起き上がります。右、左、右、左と順番に上半身をひねり、両腹斜筋を強化します。体を真っ直ぐ起こす、定番の腹筋よりも難易度は高くなりますが、それだけダイエット効果が高くなりますので、速やかにダイエットを成功させたいという人向きです。

こんな体つきになりたいという理想型があるなら、ダイエットに取り組む時に、ボディメイキングにも挑戦するといいでしょう。腹筋によって腹斜筋を強化することができれば、よりきれいなウエストラインになれます。

保湿美容液の最新人気ランキング

コメントを残す