クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いについて

多くの人が、急に現金を必要としている時などはキャッシングやローンを利用しているようですが、両者の違いを意識する機会は少ないようです。クレジットカードにはキャッシング機能がついているため、使った経験がある人もいるようです。

多くのクレジットカードには、ショッピング枠とは別に、キャッシング用の限度額が設定されています。クレジットカードをキャッシング用に使う時には、キャッシングの金額上限までお金を借りることができます。カード精算を行う時に、キャッシングで借りたお金も、一緒に返す仕組みになっています。クレジットカードのキャッシング機能を活用することで、ATMから融資が受けられて、手軽に借り入れることができます。借り入れ金の上限額や、借り入れ用途、金利などが、カードローンでは差があります。

現金融資を希望する時にカードローンの申込みを行い、審査の結果によってカードローン用のカードを発行してもらえます。カードローンは、キャッシングよりも金利が高く設定されているものが多いですが、大きな違いはないようです。この頃は、専用ホームページからカードローンの申込みも対応しており、申込みから1時間程度で融資が受けられます。

もしもカードローンの申込みをするなら、数社に並行して申し込むと審査で不利になりますので、一度に一社ずつにすることです。まとめて申込みをする人は、かなりお金に困っていて、返済に行き詰まる可能性が高いのではないかという印象を抱かれます。

リクルートカードは高還元率で評判がいいクレジットカードです

コメントを残す